個人事業主が めんどくさい確定申告を楽に早く終わらせる方法はコレ


2019年9月26日:情報更新しました。

今回、私が確定申告を早く終わらせるために行なっている方法を記します。

この記事は5分くらいで読めます。

この記事は、このような方に向けて書いています

「めんどくさい確定申告を早く終わらせたい」

「確定申告を楽に終わらせたい」

この記事は、確定申告の提出日が数日後に迫っている人には向かない方法です。

そのため、すぐに記事を読むのをやめて確定申告の書類作成をした方が良いと思います。

まだ、確定申告の提出日が数週間から数か月後の人は、そのまま読み進めてください。

毎年2月中旬から確定申告が始まります!

特に、自分で確定申告の書類を作成している人は1月くらいから、それを意識し始めるのではないでしょうか!?

むしろ、1月から意識し始めて作業に取り掛かる人は、まだ良い方かもしれません。

SNSなどの投稿を見ていると、確定申告が始まった2月中旬からデータ入力をスタートしてヒィーヒィー言っている人もいます!

さらに、確定申告が終わる3月15日の約1週間前から、データ入力を始める強者も現れます苦笑

なんやかんや、皆様 確定申告の書類を無事に完成させて提出しているので凄いと思います。

しかし、できれば余裕をもって完成させるのが理想ですよね!

私は、2012年から1月の最初に確定申告の書類を完成させています。

さらに、1月の中旬には青色申告会へ確定申告のデータを預けています。

つまり、1月中旬に私の中では、確定申告が終わっているという事です。

今回、私が確定申告を早く終わらせるために行なっている方法を記します。

確定申告とは

この記事を読んでいる時点で確定申告を知らない方は少ないと思いますが、一応 それについて述べます。

確定申告とは、売り上げから必要経費などの控除額を引いた所得にかかる税金の額を計算し、税金を支払うための手続きです。

個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間となっています。

確定申告書や決算書などの必要書類をそろえて、翌年の2月16日から3月15日までに税務署に申告・納税します。

私の場合は、今のところ本業と不動産収入の総額から必要経費を引いた額を書類に まとめて税務署に申告します。

確定申告の書類作成を楽にしてくれるブルーリターン

私は青色申告会のブルーリターンというソフトで確定申告の必要書類を作成してます。

私が青色申告会を選んでいる理由は「 青色申告は特別控除による節税を含めメリットが凄い6つの理由 」に記しています。

青色申告のブルーリターンは、売り上げや必要経費を勘定科目別にデータ入力したら、あとは勝手に計算してくれます。

そのため、自分でアナログ的にやるよりは、はるかに楽だと思います。

しかし、楽と言っても1年間のデータを入力するとなると凄い量になります。

確定申告ハンパないっ!

書類作成ハンパなく大変っ!

2018年10月ごろに、私が何か月もかけて入力してきたデータが吹っ飛びかけるという事件が起きました。

その時は、さすがに泣きそうになりました苦笑

毎回、作業が終わるたびに3カ所にバックアップを取っているのに、それらのデータが反映されなくて焦りました。

しかし、青色申告会にバックアップデータを持っていくと、そこのブルーリターンにはデータが反映されたので、結果としてソフトの不具合だったため助かりました。

10月の段階ですらデータが吹っ飛んだら焦るのに、年明けから書類作成を開始する人は本当に凄いと思います。

めんどくさい確定申告を早く終わらせる方法

私が確定申告を早く終わらせるために、行なっている方法をココでは紹介します。

その方法は、月2〜3回程度 データ入力の時間を設けるという方法です。

つまり、私は週1回か2週に1回の頻度でデータ入力を行なっているということです。

この方法で確定申告の書類を作成すると、1回の作業時間は30分~1時間程度です。

仮に1回1時間のデータ入力を月3回するとします。

その作業を1年間すると、年間36時間になります。

私は仕事しながら36時間も、まとまった時間を作るのは厳しいです…

しかし、月3時間程度なら、時間を作れますよね!?

そのため、私は確定申告の書類作成時間を1年を通して分散しています。

確定申告書類作成方法

作業を分散すると楽だー

その方が、個人的には楽だと思っています。

早く確定申告の書類を完成して年明けには提出

私は、1年かけて完成させたデータを1月中旬に青色申告会へ持っていきます。

そこで書類を確認してもらい、間違いがあれば、その場で訂正してデータを預けます。

基本的に私の作業はココで終わりです。

あとは青色申告のスッタフに確定申告の時期が来たら、書類を税務署に提出してもらうだけです。

そのため、私の中では毎年1月中旬に確定申告は終わっています。

まとめ

今回、私が確定申告を早く終わらせるために行なっている方法を記しました。

上述したように、確定申告は1年間の所得を示す書類を作成しないといけません。

その書類を作成するには、莫大な時間が必要になります。

私の場合は、18時間から36時間程度かかると予想されます。

仕事をしながら、その時間を まとめて作るのは厳しいです。。。

そのため、私は確定申告の書類作成時間を月2〜3回ていど1回30分~1時間ほど設けています。

そうする事により、時間的にも精神的にも負担が少ないし、私の中では1月中旬には確定申告が終わっています。

とても楽なので個人的には、時間を分散して作業を行うことをオススメします♫

関連記事

青色申告は特別控除による節税を含めメリットが凄い6つの理由

住宅ローンや事業用ローンの金利を借り換えせずに下げた方法




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です