早起きが習慣化した期間と健康効果や仕事効率などメリットが凄い


早起きは三文の徳と言いますよねー!

私は息子君が産まれてからの約2年間は、だいたい3時ごろに起きています。

最初は、お昼に息子君と一緒に多くの時間を過ごしたくて、そうする方法として早起きして仕事を終わらせようというのが それを始めた動機でした。

しかし、今では息子君も保育園へ通うようになり、早起きしなくてもお昼にガッツリ仕事が出来るようになりました。

だが、早起きをする事によるメリットが大きいので、今でも それを続けています。

今回は、朝3時起きを約2年間続けて分かったメリットについて記します。

早起きが習慣化されるまでの期間

早起きを始めて最初の数週間は、とにかく身体が重くて寝起き時が辛かったです!

しかも、早起きを始めた時期が最も それに適してないと思われる真冬で、布団から出たくない病との戦いが半端なかったです笑

さらに、お昼近くになると眠くて眠くて仕方ありませんでした。

正直、その頃は早起きをするメリットを殆ど見出せませんでしたね笑

しかし、自分の身体にムチ打って早起きを続けること約3週間経った頃に自然と目が覚めるようになり、身体の重さもなくなりました。

早起きが楽に

早起きが楽になったよ!

恐らく、3週間くらい経った頃に沖縄の短い冬が終わり少しだけ暖かくなったというのもあると思うのですが、同時に早起きが習慣化したのかなと感じました。

そのため、私の場合 早起きを習慣化するために要した期間は約3週間でした。

早起きをするメリット

ここでは、約2年間 早起きを続けて気付いたメリットについて記します。

仕事と子育てが効率よく出来るように

早起きを始めるまでは、息子君の子守で基本的に仕事を含めて自分のやるべき事が出来なく全て後回しになりました。

これは仕方のない事なのですが、仕事に関しては収入を私に依存している状態なので、やらないとマズイですよね…

しかし、早起きをしてチラシ配りや本業の方のブログの執筆活動など宣伝作業や事務作業を早朝にする事により、仕事が後回しになるという側面のストレスは軽減しました。

つまり、今まではお昼の空いた時間に行なっていた仕事を早朝に行う事により、家族がぐっすり寝ている間にスムーズに作業ができて効率が良くなりました。

ストレスの軽減

上記のように、早朝は家族もぐっすり眠っているので全てが自分の時間です。

早起きが習慣化されて少し経った頃から、息子君の夜泣きも収まりました。

さらに、家族は7時から7時半の間に起きてくるので、3時からの約4時間は全て自由な時間になりました。

つまり、早起きが習慣化した頃から 誰にも邪魔されないで仕事したり運動を行え好きな事が出来るという事で、かなりストレス軽減になりました。

家族との時間が増える

早起きをする前は、育児の間に仕事をしているという状況で、どうしても事務などの作業中は家族と一緒に過ごす事が出来ませんでした。

しかし、早起きをして早朝に出来る作業は、その時にする事により、お昼は多くの時間を家族と過ごす事が出来るようになりました。

自律神経を安定させられる

朝の太陽を浴びると人間は自律神経がリセットされて、交感神経と副交感神経のバランスが安定すると言われています。

自分の朝活を終えた後に息子君と一緒に散歩をする事が多く、私はその時に太陽を浴びて自律神経がリセットされているのかなと感じています。

息子君との散歩の記事は過去にも書いています。

休みの日の朝は海を見ながら北谷フィッシャリーナをのんびり散歩

基本的に私が朝活を行なっている時間は太陽が昇る前ですからね笑

睡眠の質が向上した

早起きが習慣化されて自律神経が整う事により、お昼に15分程度 昼寝したら眠気に襲われなくなりました。

それにより、時間を有効活用できて多くの事を行うが可能となりました。

そのため、夜は心地の良い疲れと1日の充実感でグッスリ眠れるようになり、次の日もスッキリ目覚められるので、睡眠の質が向上したと思われます。

頭がスッキリしている

このブログを書き始めたのが、2018年11月7日曜で、本日が2019年2月7日なので運営をスタートして丸々3ヶ月になりました。

お陰様で、最初に書いた当物件のマンスリー賃貸を紹介した記事から3ヶ月間 毎日のように投稿出来ています。

沖縄県北谷町にあるペット同居型のマンスリーマンション シーサーズコート丸喜

まだまだ閲覧数は少ないですが、ワードプレス のブログは3ヶ月からがスタートと先人たちは述べているので、その言葉を信じて今後 期待しています!

話題は戻しまして、私が1日も休まずに3ヶ月間 記事を投稿出来たのは、早起きが最も大きいと思います。

上述したように、現在は息子君も保育園へ通い始めて、私はお昼に仕事が出来ます。

そのため、早朝は基本的に全て自分の時間なので、その時間をブログの執筆活動に当てられますよねー♫

さらに、朝は夜の間に脳がまとめられているのと同時にスッキリしているので、凄く想像力豊かになっていて、スイスイと執筆する事が出来ます。

これら全てが揃ったのがブログを3ヶ月書き続けられた要因だと勝手に思っています。

まとめ

今回は、早起きに慣れるまでに要した期間と朝3時起きを約2年間続けて分かったメリットについて記します。

まず、早起きに慣れるまでは身体が重いし昼間になると、とんでもない睡魔に襲われてキツかったです。

さらに、始めたのが真冬ということもあり布団から出たくない病との戦いでした(笑)

しかし、根性で続けることにより約3週間後には自然と目が覚めるようになって清々しい朝を迎えられるようになっていました♪

恐らく、それが早起きに慣れた時だと思われるので、習慣化されたのは約3週間だったと思います。

そして、早起きを約2年間続けたメリットしては、

まず、仕事と子育てが効率よく出来るようになりました。

次に、私が起きる3時から7時の間は自由な時間なので、仕事をしたり運動を行ったりと好きな事ができて、かなりストレス軽減になりました。

そして、仕事が効率的に行えるようになり、お昼は多くの時間を家族と過ごす事が出来るようになりました。

また、息子君と朝に散歩をすることにより自律神経も安定したと思います。

さらに、早起きをすることにより起きている時間は色々なことを効率よく行うことが出来るようになりました。

そのため、夜は心地の良い疲れと1日の充実感でグッスリ眠れるようになり、次の日もスッキリ目覚められるので、睡眠の質が向上したと思われます。

最後に、朝は脳がスッキリしているのと疲労感がないという事でブログがスイスイ書けています。

私がブログを3か月も休まずに記せた要因として、早起きが最も大きいと思います。

正直、早起きはメリットが多いので習慣化して本当に良かったと思っています。

早起きを習慣化するきっかけを作ってくれた息子君に大感謝です♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です