エアコンクリーニングの頻度は最低1〜2年に1度は行った方がいい訳


エアコンクリーニングは、1~2年に1度するのが良い理由について述べます。

この記事は、このような方に向けて書いています

「エアコンクリーニングって、どれくらいの頻度で行ったら良いの!?」

「エアコンクリーニングを行わなかったら、どのような悪影響があるの!?」

「エアコン内部って、どのくらい汚れているの!?」

エアコンクリーニングのタイミングって難しいですよね!?

特に頻繁にエアコンのフィルタを掃除している人は、見た感じ綺麗だったりしますからね。

そのため、いつの間にか掃除をしないまま数年たっているというケースは、多いのではないでしょうか!?

また、お掃除機能付きのエアコンでも送風口部分は、掃除してくれない機種が多いです。

そのため、送風口から内部を覗くと埃やカビが付いているのが見えることがあります。

このように、カビや埃が見て分かったり、スイッチを入れて、部屋中がカビ臭くなったら、迷わず清掃を依頼した方がいいです。

しかし、エアコンの外部はキレイだしカビ臭くもない時は、エアコンクリーニングをしなくても良いのでしょうか!?

テレビやチラシでエアコンのカビや埃は、悪影響をもたらすって言ってるしなぁ…

「エアコンクリーニングを依頼した方が良いのかなぁ!?」と考えたりすることはありませんか?

それって、エアコンクリーニングを依頼する明確な期間がわからないからですよね!?

この記事では、エアコンクリーニングは1~2年に1度行った方がいい理由について述べます。



エアコンにカビが生える原因

エアコンの送風口付近を見るとカビが付いていることがありますよね!?

なぜ、エアコンはカビが生えるのでしょうか!?

カビが繁殖する原因として湿気があります。

エアコンは冷房時に結露が起きやすいという特徴があり、内部に湿気が発生しやすいです。

そのため、エアコン内部はカビが繁殖しやすい環境が整っています。

そのカビは、身体に悪い影響をもたらすので、以下で詳しく述べます。

エアコンのカビや埃が人体に与える影響

エアコンの送風口を見ると、カビや埃がこびり付いている事があります。

以下は、8年前に購入してから一度もエアコンクリーニングを行っていないエアコンの送風口を撮った写真です。

エアコン内部のカビと埃

カビと埃ヤバーーーッ!

エアコン内部のファンにカビと埃がビッシリ付いていますよね…

このエアコンの送風口から出る空気が、部屋中を舞っていると考えるだけで怖くないですか!?

また、エアコンのカビや埃は、身体に様々な影響をもたらします。

エアコンのカビと埃が身体へ与える影響は「  エアコンの定期清掃によるカビ対策が病気になるリスクを軽減する理由」に詳しく記しています。

以下では、記事の内容を大まかに記しておきますね。

エアコン内部が埃やカビで汚れている状態のまま電源を入れると、部屋中がカビ臭くなることがあります。

そうなると、部屋中に埃やカビの胞子が舞っている可能性が高いです。

そのため、寝ている時にカビや埃を吸ってしまい、クシャミや鼻水、目のかゆみなど色々なアレルギー症状が出る人がいます。

さらに、カビの胞子を吸ってしまうと、自己治癒力や免疫力が低下して様々な病気の原因になる事があります!!!

自分や家族など大切な人の健康を守るために、最低でも年に1度のエアコン清掃は大事なんです。

つまり、エアコンのカビや埃はアレルギー症状が出たり、自己治癒力や免疫力の低下をもたすということです。

怖いですね…



エアコンが汚れる原因は!?

エアコンが汚れる原因は、カビや埃以外に複数あります。

例えば交通量の多い場所だと、換気のために窓を開けた際に排気ガスや埃が部屋に入ることがあります。

その埃や排気ガスがエアコン内部に入り汚れることも多いです。

さらに、タバコのヤニもエアコンを汚す代表的な要因の1つです。

このように、エアコンを汚す原因は様々です。

エアコンクリーニングをプロの業者へ依頼する頻度は環境により違う

エアコンクリーニングは、どれくらいの頻度で行えば良いのでしょうか?

私が経営している賃貸物件は、交通量の多い道路沿いにあります。

そのため、排気ガスの影響などもあり汚れやすいことが考えられます。

その物件でマンスリー賃貸として使用している部屋は、エアコンクリーニングを年1回のペースで行っています。

その時に出る水が以下の写真です。

エアコン清掃で出た水

1年で真っ黒になります

真っ黒ですね…

交通量の多い道路沿いに面した部屋は、外的要因により、1年でエアコン内部が汚れることが多いです。

さらに、タバコのヤニは説明するまでもなく、エアコンを汚します…

非喫煙者で、家の前が交通量の少ない道路沿いだと、写真のように1年で水が真っ黒になることは少ないと思います。

そのため、エアコンクリーニングは2年に1度くらいの頻度で良いと思います。

つまり、エアコンクリーニングは環境により頻度が違いますが、1~2年に1回は行った方が良いと思われます。

まとめ

今回は、エアコンクリーニングは1~2年に1度行った方が良い理由について述べました。

エアコンクリーニングのタイミングって難しいですよね!?

特に頻繁にエアコンのフィルタを掃除している人は、見た感じ綺麗だったりしますからね。

そのため、いつの間にか掃除をしないまま数年たっているというケースは多いのではないでしょうか!?

しかし、エアコンの見た目は綺麗でも内部は、カビや埃だらけだったりします。

また、お掃除機能付きのエアコンでも送風口部分は、掃除してくれない機種が多いです。

そのため、送風口から内部を覗くと埃やカビが付いているのが見えることがあります。

カビが繁殖する原因として湿気があります。

エアコンは冷房時に結露が起きやすいという特徴があり、内部に湿気が発生しやすいです。

ちなみに、私がマンスリー賃貸として経営している部屋のエアコンは、年1回のペースで清掃しています。

その時に出るエアコンクリーニング後の水が以下の写真です。

真っ黒ですよね…

エアコン内部は、1年で水が真っ黒になるほど汚れます。

当物件は、交通量の多い道路沿いにあるので排気ガスの影響などもあり汚れやすいことが考えられます。

これが、道路沿いじゃなければ、写真のように1年で水が真っ黒になることはないと思います。

つまり、家が交通量の多い道路沿いにある人は年1回程度、道路沿いじゃなければ2年に1回程度の頻度でエアコンクリーニングを行うと良いことが考えられます。

よって、エアコンクリーニングは環境により頻度が違いますが、1~2年に1回は行った方が良いのではないでしょうか。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です