犬が雷を恐がったときに落ち着かせる対処法と怯えパニックになる原因


今回は、犬が雷に怯えてパニックになる理由と対処法について記します。

この記事は、5分くらいで読めます。

夏になると、スコールやゲリラ豪雨など急な大雨に見舞われる事がありますよね!?

同時に、雷が凄い時もあります。

我が家の愛犬 犬史郎は、雷が鳴ると大パニックになります。

具体的には、リードを噛みちぎろうとしたり、壁をよじ登り逃げようとする行動が見られます。

その行動は、本当に異常で見ている私が恐怖を覚えるほどです。。。

その行動が心配だったので、雷でパニックになる犬についてネットで調べた結果、彼は「雷恐怖症」だということを知りました。

そのため、獣医さんに相談したら効果的な対処法を教えてくれました。

今回は、犬が雷に怯えてパニックになる理由と対処法について記します。

雷恐怖症とは

雷に対して怯える犬について調べると、雷恐怖症というキーワードが出てきました。

雷恐怖症とは、稲妻および雷鳴を対象とした異常恐怖症の一種。人間のみならず、人間以外の動物でも生じる(ウィキペディア)

と記されていました。

また、雷恐怖症による恐怖反応の度合いは人間も犬も個体差があり、症状もさまざまのようです。

雷の恐怖を回避すためにパニックになる

犬は雷でパニックになると、恐怖反応を示します。

主な恐怖反応を以下で記します。

・よだれがでる

・ハアハアと速い呼吸をする

・震え

・嘔吐

・下痢、血便

・隠れる

・うろうろするして落ち着かない

・逃避行動(この場から逃げようとする)

・破壊行動(ドアを壊す、リードを引きちぎる)

・抱っこしようとしたら噛みつく

・排泄に関する粗相

・吠え続ける(恐怖の対象を追い払おうとしている)

・けいれん、失神

などがあり、恐怖反応はワンちゃんにより異なります。

ちなみに、犬史郎は逃避行動や破壊行動をして大パニックになります。

過去に彼は、雷でパニックになり数回逃亡して、私が動物愛護センターに迎えに行ったり、近所の方の家で保護されている事がありました。

近所の人の家に迎えに行った際は、とても楽しそうに過ごしていて、何で迎えに来たの的な雰囲気を醸し出していたけど苦笑

雷でパニックになったときの対処法

雷で犬がパニックになった際の対処法について以下に記します。

何もしない

飼い主は愛犬がパニックになっても、特に何もしない事が大切なケースもあるみたいです。

その理由として、雷に対して飼い主が怖がると愛犬も、それは怖いんだと認識してしまうかららしいです。

さらに、雷に怯えている犬に必要以上に優しくするのも、その時に怖がると飼い主が優しくしてくれると勘違いするのでNGのようです。

ちなみに「何もしない」は、犬史郎に対して効き目がなかったです笑

系統的脱感作と条件付け

系統的脱感作を分かりやすく説明すると、雷の音に慣れてもらうということです。

これは、雷の音をYouTubeなどで聞かせて、耐えられると餌を与えるなど良い事が起こるよと愛犬に認識させます。

そうすると、雷の音=餌がもらえるという条件付けが出来るので、雷を怖がらなくなります。

ただし、これは間違えてしまうと雷恐怖症を悪化させてしまう可能性があります。

そなため、これを行う際は、犬の訓練士や獣医に相談することをお勧めします。

薄暗く狭い場所へ避難

犬史郎は、薄暗くて狭い場所へ避難させる方法が最も効果的でした。

やり方は、犬小屋に愛犬を入れて、入口を塞ぐというシンプルな方法です。

※なお、あくまで薄暗くなので、入口の上部は少しだけ隙間を開けて塞いでください。隙間が空気孔の役割を果たすしね。

雷に怯える愛犬に対する対処法

犬は薄暗くて狭い場所が落ち着くんだって!

これをするようになって犬史郎は、雷が鳴ると犬小屋に入って板で薄暗くしてと目で訴えます。

訴えているか否かは分からないけど笑

嫌がっている様子はないので、雷が鳴ると自分を守ってくれる場所だと認識しているんだと思います。

犬が薄暗くて狭い場所を好む理由

犬が薄暗くて狭い場所を好む理由は、彼らの先祖が安心するために行なっていた生活スタイルに関係しているようです。

犬の先祖であるオオカミは、危険と隣り合わせの環境で暮らしていました。

そのため、寝ている時に敵に襲われる危険性があり、少しでも安全な場所で休む必要がありました。

彼らが安全を確保するために好んでいた場所は、薄暗くて狭い洞窟の中でした。

その場所を選択する理由は、背後から敵に襲われたり、囲まれるリスクが少ないからです。

その名残として、今でも犬は薄暗くて狭い場所が安心するようです。

まとめ

今回は、犬が雷に怯えてパニックになる理由と対処法について記しました。

ワンちゃんの中には、雷が鳴る前や鳴っている最中にパニックになり異常なまでの恐怖反応を示す子がいます(雷恐怖症)。

恐怖反応は、それぞれのワンちゃんにより異なります。

ちなみに、愛犬の犬史郎はリードを噛んで引きちぎろうとしたり、ドアや壁によじ登って逃げようとして大パニックになります。

その行動の対処法を調べると、「何もしない」、「系統的脱感作と条件付け」、「犬が落ち着く場所を確保する」など様々です。

それらの中で個人的に最も効果があったと感じるのは、「犬が落ち着く場所を確保する」という対処法でした。

具体的には、犬小屋の入口の上に少しだけ隙間を空けて塞ぐという方法です。

今のところ、その方法が犬史郎には最も効果的です。

参考になれば嬉しいです♫

関連記事

フィラリアになった愛犬が完治するまでと料金が安い治療法

犬の無駄吠えを防止するために効果のあった簡単な方法はコレだ

犬の暑さ対策による熱中症予防で効果があった5つの方法

老犬が餌を食べなかったり便秘などの悩みを解決する方法はコレだ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です