フィラリアに感染しやすい時期と予防薬を毎月定期的に与える理由


今回は、フィラリアに注意する季節について記します。

同時に、フィラリア予防薬を毎月定期的に与えたほうがいい理由についても述べます。

この記事は、このような方に向けて書いています

「フィラリアに感染しやすい時期を知りたい」

「フィラリアの予防薬を与える時期を知りたい」

「フィラリア予防薬を定期的に与えるメリットを知りたい」

愛犬のフィラリア予防は大切ですよね!?

私は愛犬の犬史郎がフィラリアに感染したときに、しっかり予防をしておけば良かったと後悔しました。

犬史郎がフィラリアに感染して苦しんでいる姿を見るのは、本当に辛かったです。

ありがたいことに犬史郎は、フィラリアを完治して復活してくれました。

犬史郎がフィラリアに感染し、完治したときの事は「 フィラリアになった愛犬が完治するまでと料金が安い治療法 」に詳しく記しています。

私は、その時にフィラリア予防の大切さを心に強く刻みました。

フィラリア予防をするにあたり、フィラリアの特徴を知ることは大切です。

今回は、フィラリアに注意する季節について記します。

同時に、フィラリア予防薬を毎月定期的に与えた方がいい理由についても述べます。

フィラリアに注意する時期

フィラリアは、蚊を媒介とした寄生虫(フィラリア)が心臓や肺に寄生することにより発症する病気です。

つまり、蚊のいる季節はフィラリアに感染するリスクが高いということです。

蚊がいる季節は、地域や気温により異なります。

例えば、暖かい沖縄だと蚊は1年中 活動しています。

それに対して、北海道は6月から10月と短いです。

蚊の活動時期は、全国的に平均で4月〜12月となっています。

※以前は、5月〜11月でしたが、現在は温暖化により長くなっているようです。

そのため、最もフィラリアに注意する季節は、4月〜12月といえます。

フィラリアの予防薬を与える時期

フィラリアの予防薬は、蚊が発生する時期から1ヶ月遅れで投与を開始します。

そして、最後の投薬は、蚊の活動時期が終息して1ヶ月後と一般的に言われています。

フィラリア予防薬を与える時期は、地域により異なります。

以下は、各地域別でフィラリアの予防薬を与える期間の表です。

北海道 7月~11月
東北 6月~11月
関東 5月~12月
北陸 6月~12月
東海 5月~12月
近畿 5月~12月
中国・四国 5月~12月
九州 5月~12月
沖縄 1年中

 

フィラリア予防薬を毎月定期的に与えるメリット

私は、愛犬の犬史郎にフィラリア予防薬を毎月定期的に与えています。

その予防薬を定期的に与えて、感じているメリットについて以下に記します。

地域的に毎月定期的にフィラリア予防薬を与えている

私は沖縄県に住んでいるので、蚊が1年中います。

そのため、フィラリアのお薬を定期的に与えています。

フィラリア予防薬を与えるのを忘れてしまうから

例えば、私が沖縄県以外に住んでいても、フィラリア予防薬を毎月定期的に与えると思います。

愛犬の犬史郎は、フィラリアになったことがあります。

フィラリアの症状がでた愛犬を見るのは、本当に辛いです。

仮に、愛犬への予防薬の投与を忘れてしまい、再びフィラリア症になるのは怖いですからね。

時間的に優しいから

フィラリア予防薬は、1度やめてしまうと再びフィラリアの検査をしないといけません。

つまり、愛犬のフィラリア検査をしに動物病院へ足を運ばないといけません。

近年のペットブームで動物病院は、混んでいるというイメージです。

そのため、時間を節約したい人は、しっかり毎月定期的にフィラリア予防薬を愛犬へ与えることをお勧めします。

愛犬のフィラリア予防薬を安く抑えられたら嬉しいですよね!?

あなたなら、余った予算で何をしたいですか?

想像するだけで、色々なことが出来そうですよね!?

私は、フィラリア予防薬を個人輸入通販で安く安全にゲットしています。

フィラリア予防薬を安く購入する方法は「 犬のフィラリア やノミダニの予防薬は通販で安く安全に購入! 」に詳しく記しています。

まとめ:フィラリアに感染しやすい時期と予防薬を毎月定期的に与える理由

今回は、フィラリアに注意する季節について記しました。

同時に、フィラリア予防薬を毎月定期的に与えた方がいい理由についても述べました。

フィラリアは、蚊を媒介とした寄生虫(フィラリア)が心臓や肺に寄生することにより発症する病気です。

つまり、蚊のいる季節はフィラリアに感染するリスクが高いということです。

蚊の活動時期は、全国的に平均で4月〜12月となっています。

そのため、最もフィラリアに注意する季節は、4月〜12月といえます。

また、フィラリアの予防薬を与える時期は、蚊が発生する時期から1ヶ月遅れで投与を開始します。

そして、最後の投薬は、蚊の活動時期が終息して1ヶ月後と一般的に言われています。

蚊の活動時期が終わると、フィラリア予防薬は次の活動時期まで与えないで良いと言われています。

しかし、私は毎月定期的にフィラリア予防薬を与えた方が良いと考えています。

私は沖縄県に住んでいるので、蚊が1年中います。

そのため、フィラリアの予防薬を毎月定期的に与えています。

だが、例えば私が沖縄県以外に住んでいても、毎月定期的にフィラリア予防薬を与えると思います。

愛犬の犬史郎は、フィラリアになったことがあります。

フィラリアの症状がでた愛犬を見るのは、本当に辛いです。

仮に、愛犬への予防薬投与を忘れてしまい、再びフィラリア症になるのは怖いですからね。

また、フィラリア予防薬は1度やめてしまうと、再びフィラリアの検査をしないといけません。

つまり、愛犬のフィラリア検査をしに動物病院へ足を運ばないといけません。

近年のペットブームで動物病院は、混んでいるというイメージです。

そのため、時間を節約したい人は、しっかり毎月定期的にフィラリア予防薬を愛犬へ与えることをお勧めします。

フィラリアになった愛犬を見るのは、本当に辛いです。

また、経済的にも負担が大きく、治療法によっては100万円を超えることもあります。

その高額な治療を受けても、愛犬が助かるか否かは分かりません。

そのため、フィラリアは予防が大切なので、毎月定期に予防薬を与えることをお勧めします。

参考になれば嬉しいです。

関連記事

犬のフィラリア やノミダニの予防薬は通販で安く安全に購入!

フィラリアになった愛犬が完治するまでと料金が安い治療法

犬のフィラリア予防してないと後悔する2つの理由はコレだ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です