愛犬にネクスガードスペクトラは、いつからいつまで与えるのがベスト!?

ネクスガードスペクトラは、いつからいつまで

今回は、愛犬にネクスガードスペクトラを「いつからいつまで」与えたらいいのか記します。

この記事は、このような方に向けて書いています

「愛犬にネクスガードスペクトラを、いつからいつまで与えたらいいのか知りたい」

「愛犬にネクスガードスペクトラを通年にわたり与える理由を知りたい」

セレブ
私の愛犬は、ネクスガードスペクトラでノミダニやフィラリア・おなかの虫の予防をしているの!でも、予防って具体的に いつからいつまで必要なの!?
比嘉
確かに、ネクスガードスペクトラを与える時期って迷いますよね!結論から言うと、ノミダニやフィラリア、おなかの虫の予防は、通年にわたり行わないといけません。今回は、その理由を書きますね

犬を飼っていると、狂犬病をはじめノミダニやフィラリアなどの予防が必要です。

最近は、ノミダニ・フィラリアに加え おなかの虫の予防を同時にしてくれるネクスガードスペクトラが人気です。

ネクスガードスペクトラは、愛犬に月1で与えれば良いだけなので楽チンですからね!

しかし、ネクスガードスペクトラは、いつからいつまで与えるのがベストなのか判断が難しいと思いませんか!?

結論は、先で述べたように通年にわたり与える必要があります。

今回は、愛犬にネクスガードスペクトラを通年にわたり与える理由について述べます。

ネクスガードスペクトラで予防と駆除できる虫の時期

ネクスガードスペクトラは、フィラリア症の予防、ノミ・マダニ、おなかの虫の駆虫ができるオールインワンタイプのお薬です。

ネクスガードスペクトラ

ネクスガードスペクトラ

以下では、犬がフィラリアに感染しやすい時期、ノミ・マダニ、おなかの虫が寄生しやすい時期について記します。

犬がフィラリアに感染しやすい時期

フィラリアは、蚊を媒介とした寄生虫(フィラリア)が心臓や肺に寄生して発症する病気です。

つまり、蚊のいる季節以外はフィラリアに感染するリスクが低いということです。

また、蚊の季節は地域により異なります。

フィラリアの時期については「 フィラリアに感染しやすい時期と予防薬を毎月定期的に与える理由 」で詳しく述べています。

過去記事で書かれている、蚊の時期を地域別で以下に記しておきますね。

北海道 7月~11月
東北 6月~11月
関東 5月~12月
北陸 6月~12月
東海 5月~12月
近畿 5月~12月
中国・四国 5月~12月
九州 5月~12月
沖縄 1年中

表を見ても分かるように、蚊の時期は各地域でバラバラです。

おっちゃん
じゃー!この時期以外は、ネクスガードスペクトラを与えなくても良いってことだよね!?
比嘉
確かに、フィラリアに関しては表の季節以外の感染リスクが低いです。しかし、ネクスガードスペクトラはノミ・マダニやおなかの虫も駆虫してくれます。以下では、それらの時期について記しますね。あと、フィラリアの感染リスクが低いからといって、ネクスガードスペクトラをやめると、あとで面倒です。面倒な理由も下で書きますね!

ダニが犬に寄生しやすい時期

ここでは、ダニの時期について記します。

マダニの被害が頻発する時期を調べると、春先から夏の終わり(最も多いのが5~6月)です。

過去に、私の愛犬である犬史郎は、マダニ被害が多く報告されている6月にマダニが寄生しました。

マダニが犬史郎に寄生して駆除するまでの記事は「 犬にマダニが寄生したときの駆除方法と注意点!取り方を間違えると危険 」です。

また、春先や夏以外にも秋に若ダニや幼ダニが発生するという報告もあります。

ノミが犬に寄生しやすい時期

ここでは、ノミが寄生しやすい時期について記します。

ノミは、春先から秋(4月~10月(11月))に活発になります。

しかし、実際は通年にわたり活動していて、1年を通してノミ被害の報告があります。

そのため、ノミの予防は通年にわたり必要です。

ノミダニの時期については「 犬に寄生するノミダニの時期と寄生時の症状から予防の大切さがわかる 」に詳しく記しています。

おなかの虫が犬に寄生しやすい時期

ここでは、おなかの虫の時期について述べます。

おなかの虫については「 犬に回虫など「おなかの虫」が寄生すると人間にも影響があり危険 」に詳しく記しています。

まず、犬に寄生する「おなかの虫」には、回虫(かいちゅう)、鉤虫(こうちゅう)・鞭虫(べんちゅう)などがいます。

そして、おなかの虫は年中存在します。

つまり、犬が「おなかの虫」に感染するリスクは年中あるということです。

また、おなかの虫の感染経路は、それに感染したワンちゃんの糞を嗅ぐと感染します。

あなたは、愛犬の散歩中にマナーの悪い飼い主さんが放置した犬の糞を見たことありませんか!?

私の愛犬である犬史郎は、放置された糞の臭いをかぐことがあります。

仮に、その糞に「おなかの虫」が付いていたら寄生するので最悪です。

ネクスガードスペクトラを一旦やめると面倒な理由

例えば、あなたがフィラリアの時期が終わったと思って、愛犬にネクスガードスペクトラを与えるのをストップしたとします。

そして、再び温かい時期にネクスガードスペクトラを与えようとしたときが面倒です。

1度でもネクスガードスペクトラをやめると、再び与える前にフィラリア検査をしないといけません。

フィラリア検査をする理由は「 犬が心臓病になると薬を生涯に渡り与え続けないといけいない理由 」に詳しく記されています。

上の記事の内容を以下に記していきますね。

愛犬がネクスガードスペクトラをやめている時期に、フィラリアに感染していたとします。

感染したフィラリアは、犬の体内で成虫になり増殖すると心臓の右心室にある肺動脈に寄生します。

フィラリアが心臓の右心室にある肺動脈に寄生した状態で、ネクスガードスペクトラを与えると大変なことに…

ネクスガードスペクトラで駆虫したフィラリアの死骸が原因で、心臓の血流が悪くなり、犬が亡くなることがあります。

上記の事から、1度でもフィラリア予防をストップすると、再びフィラリア検査を受けないといけないことが伺えます。

つまり、フィラリア検査を受けに動物病院へ行く時間をつくる必要があるということです。

私ならフィラリア検査をしに動物病院へ行く時間を作るのは、時間的に負担だと感じます。

このことから、通年にわたりネクスガードスペクトラで予防するのは、愛犬の命を守ってくれて、あなたの時間を節約してくれます。

また、ネクスガードスペクトラを個人輸入通販で購入したら、金銭的な負担も軽減できます。

さらに、私が利用している個人輸入通販は、多くの記事で最安値と紹介されています。

この記事を読んでいる、あなたには損をして欲しくないので以下の記事を貼っておきますね。

ネクスガードスペクトラを通販で購入している感想と購入方法については「 ネクスガードスペクトラを通販で買って感じた効果やメリット・デメリット 」に詳しく記しています。

まとめ:愛犬にネクスガードスペクトラを通年にわたり与える理由

今回は、愛犬にネクスガードスペクトラを与える期間について記しました。

結論から述べると、ネクスガードスペクトラは通年にわたり与えるのがベストです。

その理由を以下に記します。

・ノミダニは、春から夏にかけて活動が活発なだけで、1年じゅう活動している

・おなかの虫は、1年を通して活動している

・1度でもネクスガードスペクトラをストップすると、再びフィラリア検査を受ける必要がある

上記の理由から、ネクサガードスペクトラでの予防は、1年を通して必要です。

私は、ネクスガードスペクトラを個人輸入通販で安く安全に購入しています。

ネクスガードスペクトラを通販で購入している感想と購入方法については「 ネクスガードスペクトラを通販で買って感じた効果やメリット・デメリット 」に詳しく記しています。

関連記事

フィラリアになった愛犬が検査で陰性になるまでと料金が安い治療法

フィラリアに感染しやすい時期と予防薬を毎月定期的に与える理由

犬に寄生するノミダニの時期と寄生時の症状から予防の大切さがわかる

犬に回虫など「おなかの虫」が寄生すると人間にも影響があり危険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です