楽天会員が楽天モバイルにすると得られる6つのメリットはコレだ

楽天モバイルのメリット

今回は、楽天会員が楽天モバイルにすると得られる6つのメリットについて記します。

同時に、他社携帯から楽天モバイルに乗り換える際のデメリットについても述べます。

この記事は、このような方に向けて書いています。

「楽天モバイルのメリットを知りたい」

「楽天モバイルのデメリットを知りたい」

「楽天会員は楽天モバイルにするとお得なの!?と思っている」

「私は楽天会員なので、楽天モバイルにしようと考えています。でも、本当に楽天会員は楽天モバイルがお得なの!?メリットを知りたい」と思っていませんか!?

最近は、格安SIMブランドが多くあります。

そのため、自分にとって最もお得な格安SIMブランドがどこなのか、すごく悩みます。

私は節約志向が強く、できるだけ携帯料金を安くするため、数年前から格安SIMを使っています。

格安SIMを使う前は、携帯料金が月額1万円を超えていました。

しかし、格安SIMにしてから携帯料金が月額5千円以下になりました!

月額5千円以下は、かなりの節約だと思いませんか!?

だが、私は他に安い格安SIMブランドがないか調べました。

その結果、私は楽天会員なので楽天モバイルが最もお得ということを知りました。

今回は、楽天会員が楽天モバイルにすると得られる6つのメリットについて記します。

同時に、他社携帯から楽天モバイルに乗り換える際のデメリットについても述べます。

楽天会員が楽天モバイルで得られるメリット

以下では、楽天会員の私が、楽天モバイルに乗り換える決め手となった4つのメリットについて記します。

楽天モバイルは楽天会員だと1年目の基本料金が安い

楽天モバイルには、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」というプランがあります。

以下では、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」について説明します。

同時に、どちらを選ぶのがお得なのかも述べます。

・スーパーホーダイ

楽天会員は「スーパーホーダイ」プランにすると、12ヶ月間の月額基本料が最低1,500円(ダイヤモンド会員は2,000円)の割引になります。

さらに、国内通話が10分かけ放題となっています。

また、スーパーホーダイはギガを使い切っても最低1Mbpsの高速データ通信が使い放題なのが有難いです(以下で、詳しく説明します)。

プラン名 楽天会員でない方 楽天会員(1年間1500円割引) ダイヤモンド会員(1年目・対象月さらに500円割引) 2年目以降
プランS(2GB) 2,980円 1,480円 980円 2,980円
プランM(6GB) 3,980円 2,480円 1,980円 3,980円
プランL(14GB) 5,980円 4,480円 3,980円 5,980円
プランLL(24GB) 6,980円 5,480円 4,980円 6,980円
10分以内なら国内通話が何度でもかけ放題(10分を越えると10円/30秒)

 

・組み合わせプラン

「組み合わせプラン」は、月に使えるギガ数が豊富なプランです。

「組み合わせプラン」は、「連絡はLINEなど無料通信アプリのみで済んでいるし、通話はいらないや!SNSや動画などデータ通信だけ使えれば満足」という人に向いているプランです。

一応、通話SIMの基本料金に月額850円プラスすると国内通話を10分かけ放題にできます。

しかし、月額850円プラスして「国内通話を10分かけ放題」にするなら、1年間は「スーパーホーダイ」にして基本料金を割引した方がお得です。

「組み合わせプラン」のデメリットは、ギガ数を使い切ってしまうと、通信速度が200Kbpsになります。

200Kbpsは、基本的に遅いし動画も視聴できないのでストレスを感じると思います。

「組み合わせプラン」の基本料金とプランは、以下で表にまとめています。

プラン名 通話SIM データSIM(データ通信とSMSが利用可) データSIM(データ通信のみ利用可)
ベーシックプラン(200kbps) 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

 

正直、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」は、どちらを選ぶと良いのか迷いますよね!?

私は、「スーパーホーダイ」を選択しています。

その理由を以下に記します。

「スーパーホーダイ」は、1年にわたり基本料金から最低1,500円(ダイヤモンド会員は2,000円)割引です。

この割引は、最初に「スーパーホーダイ」を選んだ方限定のキャンペーンとなっています。

そのため、その割引をフル活用することをオススメします♪

また、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」は、切り替えが可能です。

そのため、2年目からは、あなた自身にあったプランに変更すると良いのではないでしょうか。

10分かけ放題プランがある格安SIMブランドの中で月額基本料が安い!

楽天モバイルは、10分かけ放題プランがある格安SIMブランドの中でも月額基本料金が、かなり安いです。

今回は、格安SIMブランドの中でもメジャーだと思われる会社の料金プランと比べます。

格安SIMブランド プラン データ容量 月額料金(プラン+10分無料電話月額料)
楽天モバイル スーパーホーダイプランS 2GB 1,480円(ダイヤモンド会員980円)
ワイモバイル スマホベーシックプラン  4GB 1,980円(6ヵ月)※7ヶ月目から2,680円
UQモバイル スマホプランS 3GB 2,680円(1,980円+700円)
LINEモバイル 音声通話SIM+10分電話かけ放題 3GB 2,570円(1690円+880円)
マイネオ デュアルタイプAプラン+10分電話かけ放題 3GB 2,360円(1510+850円)
イオンモバイル 音声1GBプラン+10分電話かけ放題 1GB 2,130円(1280円+850円)

格安SIMブランドの各料金表を見ても分かるように、楽天会員だと楽天モバイルの基本料金(1年間)が、最安値ということが分かります。

 

おっちゃん
えッ!?2年目は!?
比嘉
正直、2年目は月額基本料金が2,980円になります。
おっちゃん
なーんだ!2年目は高くなるんですね
比嘉
しかし、楽天モバイルは月額基本料金が上がっても、使い続けるメリットがあるので以下で説明しますね

楽天モバイルは料金を楽天ポイントで支払える

楽天モバイルの料金は、楽天ポイントで支払うことができます。

楽天カードで多くの支払いをしていると、勝手にポイントが貯まりますよね!?

特に、期間限定ポイントという期限付きのポイントは、かなり貯まります。

しかし、期間限定ポイントは期限が過ぎると消失してしまいます。

期間限定ポイントを使わないのは、勿体ないと思いませんか!?

あなたが楽天カードを普段使いしているのであれば、かなりポイントが貯まるはずです。

そのポイントで楽天モバイルの料金を支払えば、かなり携帯料金を抑えることができます。

つまり、楽天モバイルをポイント払いにすると、今まで使いきれなかったポイントも有効利用できるし節約になるということです。

楽天市場で買い物をした際のポイント付与率が「+2倍」になる

楽天会員が楽天モバイルにすると、楽天市場で買い物した際のポイント付与率が「+2倍」になります。

楽天モバイルは楽天市場でのポイント付与率が2倍

楽天市場でのポイント付与率2倍

楽天ポイント付与率+2倍は、楽天市場を利用する私からしたら、本当に有難いです。

楽天モバイルの利用で得られるメリット

以下では、楽天会員はもとより、それ以外でも感じられる楽天モバイルの2つのメリットにつてい記します。

ギガを使い切っても最大1Mbpsが使い放題

楽天モバイルは、ギガを使い切っても「楽天モバイルSIMアプリ」を利用すると最大1Mbpsでデータ通信が使い放題です。

仮に、あなたが楽天モバイルで2GB/月の高速データ通信を利用できるプラン(プランS)で契約しているとします。

しかし、あなたが月の途中で2GBを使い切ってしまったとします。

他の携帯会社のプランだと、かなり通信速度が遅くなってイライラしますよね!?

しかし、楽天モバイルはギガを使い切っても「楽天モバイルSIMアプリ」を利用すると最大1Mbpsでデータ通信が使い放題です。

 

セレブ
最大1Mbpsって言われても、良く分からないわ!具体的に教えてくれる!?
比嘉
承知しました。分かりやすいように最大1Mbpsの通信速度で出来ることを表にまとめますね♪
サイト閲覧 動画視聴 地図(ナビ)利用 LINE(メール)
SNS ゲーム ショッピング アプリのDL
×

※〇=快適、△=まぁまぁ、×=遅い

※SNSは「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」です。

最もデータ通信の回線が混み合う「12:00~13:00」と「18:00~19:00」は制限がかかるのでご注意ください。

表からも分かるように、サイト閲覧やLINE、SNSなどはストレスなく利用できます。

また、基本的に動画も問題なく視聴できますが、高画質の動画だと読み込みが遅くなることがあります。

そのため、どのような動画を視聴するかにもよります。

使いきれなかったギガ数は、翌月に繰り越し

楽天モバイルは、使い切れなかったギガ数を翌月に繰り越せます。

「楽天モバイルSIMアプリ」の高速データ通信利用は、ON・OFFで切り替えることができます。

私は、スマホをブログ閲覧やSNS、Yotubeの視聴で利用するくらいなので、今のところ1Mbpsの通信速度でもストレスを感じず満足しています。

そのため、私は楽天モバイルに乗り換えてからは「楽天モバイルSIMアプリ」の高速データ通信をOFFのままにして、インターネットを利用しています。

楽天モバイルのメリット

高速データ通信をOFFのまま利用しています

そのため、毎月のように翌月にギガ数が繰り越されて、高速データ通信を全く利用していない状態が数か月続いています。

つまり、楽天モバイルはブログ閲覧やSNS、Yotubeの視聴で利用するくらいなら、高速データ通信を使わなくても、ストレスなく使用できるということです。

但し、あなたが通信速度の制限がかかる12:00~13:00と18:00~19:00に「楽天モバイルSIMアプリ」の高速データ通信をOFFのまま利用すると、処理が遅くてストレスを感じると思います。

その時に、「楽天モバイルSIMアプリ」の高速データ通信をONにして利用すると、快適に利用できます♪

楽天モバイルの申し込みは楽天モバイル公式ページからできます。

楽天モバイル公式ページは「楽天モバイル 」です。

他社から楽天モバイルに乗り換える際のデメリット

私は、他社から楽天モバイルに乗り換えて最初の月にデメリットを感じました。

以前、私はワイモバイルを利用していました。

ワイモバイルと楽天モバイルの携帯利用料金は、日割ができません。

さらに、携帯会社の乗り換えは、システム上 解約日と契約日が同じになります。

つまり、最初の月だけは携帯利用料金が二重払いになるということです。

私は楽天会員が楽天モバイルにすると、初月の携帯利用料金が2重払いになったとしてもメリットがあると実感しています。

しかし、2重払いになるのは嫌ですよね!?

あなたが2重払いの負担を減らしたいなら、契約月は月額基本料金が最も安い1,480円(ダイヤモンド会員980円)のプランにする方法があります。

追伸:携帯大手3社は、基本料金の日割りができません。そのため、携帯大手3社から楽天モバイルに乗り換える方は、どうしても初月は2重払いになってしまします。

まとめ:楽天会員が楽天モバイルにすると得られる6つのメリット

今回は、楽天会員が楽天モバイルにすると得られる6つのメリットについて記しました。

同時に、他社携帯から楽天モバイルに乗り換える際のデメリットについても述べました。

私は楽天会員なので、楽天モバイルにして6つのメリットを感じています。

それは、楽天会員のみが感じられるメリットが4つ、楽天会員以外でも感じることのできるメリットが2つあります。

それらのメリットを以下にまとめます。

楽天会員が楽天モバイルにして得られるメリット

・基本料金が楽天会員だと格安(1年間)

・10分かけ放題プランがある格安SIMブランドの中で月額基本料金が安い

・楽天モバイルの利用料金を楽天ポイントで支払える

・楽天モバイルにすると楽天市場でのポイント付与率が「+2倍」になる

楽天モバイルは、楽天会員以外でもメリットを感じることができます。

楽天会員以外でも得られるメリット

・ギガを使い切っても最大1Mbpsが使い放題

・使い切れなかったギガ数は、翌月に繰り越せる

正直、楽天会員以外の人が楽天モバイルしても、それほど恩恵を受けることはありません。

そのため、他の格安SIMブランドを検討しても良いと思います。

しかし、楽天会員が楽天モバイルにすると、多くのメリットを感じることができます。

私は、楽天モバイルにして、月の携帯利用料金が減って節約になっていると実感しています。

そのため、楽天会員は楽天モバイルにすることをオススメします♪

楽天モバイルの申し込みは楽天モバイル公式ページからできます。

楽天モバイル公式ページは「楽天モバイル 」です。

また、あなたが公式ページから申し込むのが不安なら、過去記事に申し込み方法を詳しく記しています。

楽天モバイル公式ページからの申し込み方法は「 【徹底解説】ワイモバイルから楽天モバイルへ乗り換える方法と注意点 」です。

追伸:記事タイトルは、「ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換え」ですが、どの携帯会社も申し込みの流れは同じす。

そのため、参考になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です