投資信託初心者がリスクを回避するために大切なのは自己コントロール

今回は、投資信託初心者がリスク回避をするためには、冷静になり自己コントロールすることが大切な理由を述べます。

この記事は3分くらいで読めます。

この記事は、このような方に向けて書いています。

「投資信託について勉強しているので、色々なテクニックを試したい」

「投資信託初心者だけどオススメ銘柄は!?」

「投資信託のリスクを回避する方法を知りたい」

「最近、投資信託を開始したけど、色々と良さそうな銘柄がる!新たな銘柄に投資してみようかなぁ」と迷っていませんか!?

投資信託を開始したばかりの時は、本やブログなどを読んで勉強する人が多いと思います。

初心者の時は、多くの情報を得られるので勉強していて楽しいですよね!?

私も投資信託を開始した時期は、先人のブログを読み漁りました。

また、新たに学んだことを試したくなるのが人間の心理です。

しかし、私は学んだことを「すぐに試して良い側面」と「冷静になって考えた方がいい側面」があると考えています。

特に投資に関しては、学んだ事を すぐに試しても良い事と少し冷静になるまで抑えた方が良いことがあると思います。

今回は、投資信託初心者がリスク回避をするためには、冷静になり自己コントロールすることが大切な理由を述べます。

投資初心者のうちは自己コントロールがリスク回避になる

私は、不動産や投資信託、ゴールドに投資をしています。

それらに投資を始める前から、少しずつ情報を得るためにアンテナを張り巡らせていました。

情報収集の方法は、投資対象に関する本やブログを読み漁ったり、信頼している人へアドバイスを頂いていました。

不動産に関しては、過去記事でも紹介した「信頼のおける不動産営業マン」から情報を得ていました。

信頼できる不動産営業マンの記事は「 優秀で信頼のおける不動産営業マンの特徴!見つける際は妥協しないでハードルを上げます! 」です。

また、私が投資信託を学ぶ方法は、人気ブログを読み漁るというものでした。

最終的には、自分の考えと似た2人のブログで投資信託を学びました。

同時に、そのブロガーさんから学んだことを試したいという想いが芽生えました。

実際に、私は学んで すぐに試したこともあります。

しかし、今の私は当時の自分に対して「それをするのは、1度冷静になって考えてみたら!?」とアドバイスすると思います。

以下では、投資信託で学んだことを「すぐに試して良い側面」と「冷静になって考えた方がいい側面」に分けて記します。

投資信託において学んだ事を すぐに実践して良い面

投資信託初心者の時期は、多くのことを学びます。

学ぶ内容は、「専門用語」、「オススメの銘柄」、「効率的に投資する方法」、「どの証券会社が良いのか」などだと思います。

私は初心者が投資信託の勉強をして、すぐに試して良いのはテクニック系だと考えています。

例えば、ドルコスト平均法ポートフォリオの作り方は、すぐに試しても良いのではないでしょうか。

あとは、「つみたてNISA」や「イデコ」は、活用したほうがいいです。

ちなみに、私は「つみたてNISA」を銀行で開始してしまい、少しだけ後悔しています(笑)

その時の記事は「 銀行で積立nisaの口座開設をして始めるメリットを頑張って考えた 」です。

投資信託初心者が自己コントロールして気持ちを抑えた方が良い面

自己コントロール

冷静に慣れるまで我慢だっ!

投資信託関連のブログを読んでいると、魅力的な銘柄が登場します。

そんな時に芽生えるのが、ブログ内で紹介されている銘柄へ投資したいという気持ちです。

しかし、その銘柄へ すぐに投資することを、私はオススメしません。

投資信託を開始したばかりの時期は、精神的に興奮状態になっています。

興奮状態になっているため、色々な情報を得て積極的に試そうとします。

勿論、先で記したテクニック系は、試して良いと思います。

しかし、あなたが読んだ記事に書かれている魅力的な銘柄は、本当に投資するだけの魅力があるのでしょうか!?

私は、投資信託初心者のときにネットで見つけた魅力的だと思われる銘柄へ、勢いに任せて投資したことがあります。

私は、投資したことに対して後悔して、次の日にコッソリとキャンセルしていました。

きっと、その時のブロガーさんの記事を読んで、興奮状態になっていたんだと思います苦笑

現在、あなたは投資信託について学んでいる途中だと思います。

そのため、日々 多くの情報を得ていることが考えられます。

その努力は、あと数か月もしたら今よりも本当に良い銘柄を見極める力になっているはずです。

その時に、改めて魅力的な銘柄に投資しても良いのではないでしょうか!?

私は初心者の時期に多くの学びを得た結果、現在 不動産や投資信託、ゴールドへ分散投資しています。

実際に私が行っている分散投資は「 有効な分散投資とは4種類の資産へ投資してリスクを低減すること 」に詳しく記しています。

まとめ:投資信託初心者がリスクを回避するために大切なのは自己コントロール

今回は、投資信託初心者がリスク回避をするためには、冷静になり自己コントロールすることが大切な理由を述べました。

投資信託初心者は、本やブログを読み漁り多くの情報を得ます。

私は学んだことを「すぐに試して良い側面」と「冷静になって考えた方がいい側面」があると考えています。

すぐに試して良い側面は、ドルコスト平均法やポートフォリオの作り方などテクニック系(投資の基礎)だと私は考えています。

あと、「つみたてNISA」や「イデコ」は必ず活用したほうが良いです。

一度 冷静になって考えた方がいい側面は、追加で魅力的だと思われる銘柄に投資することです…

恐らく、投資信託初心者のときは、多くの情報を得て興奮状態になっています。

投資信託について学ぶことは、とても良いことです。

その努力は、あと数か月もしたら今よりも本当に良い銘柄を見極める力になっているはずです。

その時に、改めて魅力的な銘柄に投資しても良いのではないでしょうか!?

私は投資信託を学ぶために「超ど素人がはじめる投資信託」を参考にしました。


この本は専門用語が分かりやすく解説されていたり、投資信託の仕組みやメリットも優しく説明されているので重宝すると思います。
また、kindle版もあり、スマホがあればいつでもどこでも勉強できるので助かります。

関連記事

有効な分散投資とは4種類の資産へ投資してリスクを低減すること

【初心者向け】投資信託でしてはいけない6つの事を知りリスクを軽減

銀行で積立nisaの口座開設をして始めるメリットを頑張って考えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です